カチャトーラ

イタリアンでお馴染み、2種類のカチャトーラ

カチャトーラとは

イタリアンのお店には必ずあるメニューと言っても良いカチャトーラは、トスカーナ地方で生まれたとされています。
猟師風という意味を持ち、本場イタリアンのお店によっては、シェフお任せのメニューになることもあるようです。
大抵の場合はチキンかウサギが用いられますが、日本ではチキンが主流でしょう。
トマトと玉ねぎ、ハーブ類などを合わせるのがポピュラーな調理方法ですが、イタリアでは地域によって、隠し味のワインが赤であったり白であったりするほか、ローマ地方ではトマトを使わずにワインビネガーと羊肉で作られることもあります。
こちらは白っぽい仕上がりで、大人っぽくおしゃれなメニューです。
パスタとの相性が良いことはもちろん、五穀米などを合わせてもいいでしょう。

続きを読む カチャトーラ

アラビアータ

人気のイタリアンはアラビアータ

アラビアータとは

イタリアン料理は日本でも非常に人気があり、パスタを提供しているレストランやカフェもたくさんあります。
パスタのメニューも色々なものがあり、ミートソース、ペペロンチーノ、カルボナーラなどは定番のメニューとなっています。
また、アラビアータも人気があるパスタメニューです。
アラビアータは、イタリア語では、all’arrabbiataと表記されます。
arrabiatoには、怒りという意味があります。
トマトソースにピリ辛の唐辛子が含まれているため、食べた人が怒っているような表情に見えることから、この名前が付けられたとも言われています。
ちなみに、地名であるアラビアは、全く関係がないようです。

続きを読む アラビアータ

アマトリチャーナ

イタリアンで人気のアマトリチャーナはどんな料理

アマトリチャーナとは

アマトリチャーナはイタリアのローマの北部に位置するラツィオ州にある町の名前で、簡単にいうとアマトリーチェ風の料理といった意味合いです。
トマト風味のパスタ料理で地域特産のパンチェッタという豚肉で作られた生ベーコンと、羊の乳から作られたペコリーノチーズが使われます。
主な素材はトマト、玉ねぎ、パンチェッタとペコリーノチーズだけという、シンプルで素朴なパスタです。

続きを読む アマトリチャーナ