ペペロンチーノ

イタリアンの定番ペペロンチーノ

シンプルな美味しさ

私はイタリアンでちゃんとしたペペロンチーノを食べてから、パスタのなかで1番好きな種類になりました。
それまでは家で食べるものがないときに仕方なく作って食べていたのですが、人気のイタリアンで友人が頼んだものを1口食べて、今までのイメージがガラリと変わったのです。
プロが作っているのだから当たり前なのですが、絶妙な塩加減ににんにくの風味、鷹の爪がピリッと利いていて最高に美味しかったのです。
もちろん麺のゆで加減も最高でした。
お店で食べるときはなるべく普段家で作れないものを頼もうと思っていたのですが、シンプルだからこそプロのチカラが光るのだとそのとき関したのです。

低コストで一人暮らしにぴったり

ペペロンチーノを作るにはパスタとにんにくと鷹の爪があれば大丈夫です。
あと塩、コショウも必要ですが、1度買ってしまえばそうそうなくなる間のではないので、パスタさえあれば作れるので、お金のない一人暮らしにはぴったりな料理なのです。
プロのような味には出来なくても、今よりも美味しくすることは出来るだろうと、ペペロンチーノを研究することにしました。

美味しく作るコツ

材料が少ないのでその分ごまかしがききません。
なので麺のゆで加減と塩加減、にんにくと鷹の爪の火の通し方など、1つ1つがとても大切な工程なのです。
私は様々なレシピを読みあさり、沢山のイタリアンで食べ歩きをして、どうにか自分が納得出来るものを作ることが出来ました。
簡単でお金もあまりかかりませんが、意外と難しい料理なので友人や彼女に作ってあげると感動されます。
しかし不器用なので同時に何品も作ることが出来ないので、せいぜいパスタにインスタントのスープをプラスすることぐらいしか出来ません。
なのでちょっと物足りないと感じることもあり、具があるペペロンチーノを作ってみようと決めたのです。
美味しいものを作るためにレシピを読みあさっていたときにも、具が入ったものが沢山あり興味があったのですが、まずは定番からと思いチャレンジすることはなかったので、次は具入りの物に挑戦することにしました。
色々作ってみて友達や彼女に食べてもらった結果、男女ともに人気だったのが、厚切りベーコンとしめじを加えたものです。
薄切りのベーコンでも良いのですが、厚切りの方が格段にボリュームと旨味が出ておすすめです。
またこのパスタはワインとの相性もよく、ガッツリ食べたいときにもよく作ります。
他にはキャベツとしらすや、キャベツとベーコンも相性が良い組み合わせです。

http://alfo.alfortuna.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です