アラビアータ

人気のイタリアンはアラビアータ

アラビアータとは

イタリアン料理は日本でも非常に人気があり、パスタを提供しているレストランやカフェもたくさんあります。
パスタのメニューも色々なものがあり、ミートソース、ペペロンチーノ、カルボナーラなどは定番のメニューとなっています。
また、アラビアータも人気があるパスタメニューです。
アラビアータは、イタリア語では、all’arrabbiataと表記されます。
arrabiatoには、怒りという意味があります。
トマトソースにピリ辛の唐辛子が含まれているため、食べた人が怒っているような表情に見えることから、この名前が付けられたとも言われています。
ちなみに、地名であるアラビアは、全く関係がないようです。

アラビアータの作り方

アラビアータソースは、オリーブオイル、鷹の爪、にんにくなどで作られています。
作り方について簡単にご説明します。
まず、最初にフライパンを熱し、オリーブオイルをあたためます。
さらに、適当な薄さにスライスしたにんにくや鷹の爪を加えてよく炒めます。
その際には、にんにくを焦がしすぎないように、火加減には気を付ける必要があります。
にんにく、鷹の爪を炒めたら、トマトピューレを加えて、さらに煮込んでいきます。
ソースの味付けは、塩やこしょうを使いシンプルに仕上げます。
鷹の爪が入っているので、塩やこしょうを入れすぎてしまうと、きつい味となってしまうので、味見をしながら作っていくとよいでしょう。
ご家庭で作る際には、トマトピューレを準備するのに手間がかかってしまいますから、市販されているトマトホール缶を使うとよいでしょう。
トマトホール缶を使うことで、本格的な味をお手軽に作れるようになります。
出来上がったソースをゆでたスパゲッティ―に絡めてお皿に盛りつけたら完成となります。
スパゲッティでつくられるだけでなく、ペンネで作られるメニューもあります。
イタリアンでは、このソースを使って鶏肉を煮込んだ料理もあります。
お好みでバジリコなどのハーブを振り掛けることで、独特の風味となります。

熊谷でベビーリーフを仕入れるなら「グリングリン」

食欲をそそるアラビアータ

このようにアラビアータは、にんにく、鷹の爪などを使ってつくられているため、辛い味付けとなっていますから、食欲をそそりやすいメニューでもあります。
食欲がない時には、ペンネのアラビアータを少しつまんでみるのもよいかもしれません。
お酒のおつまみとしてもおすすめです。
ビールとも相性がよいですが、白ワインやスパークリングワインと組み合わせもおいしくいただくことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です