マリナーラ

マリナーラはイタリアンピザの発祥といえます。

トマトソースは様々な種類があります。

イタリアンと言えばパスタソースが基本ですが、トマトソースは無くてはならないといっても過言ではありません。
そんなトマトソースには様々な種類があって、唐辛子を青梅に入れればアラビアータになり、魚介類を加えればペスカトーレになります。
あさりを加えると、赤いという意味のボンゴレロッソになって、私たちが良く食べるミートソースはボロネーゼと言って、ひき肉やセロリ人参玉ねぎを加えたものがそうです。


様々な種類があるわけですが、今回はその中でもマリナーラについて説明したいと思います。
これは、トマトやオリーブオイルを入れるのは普通ですが、特にオレガノを加えています。
オレガノは、乾燥させることによって香りが目立ちがピザのスパイスとしてはかなり重宝されるのです、

河原町のイタリアンはこちら!

ピザの発祥です。

イタリアンと言えばピザですが、マリナーラソースで作ったピザにはなんとチーズが乗っていないことが多いです。
ピザと言えばチーズと考えられている方もいらっしゃいますが、これこそがピザの発祥と言っても過言ではありません。
いくつかの所説はありますが、そもそもトマトが観賞用から変わりだした時期で、大航海時代にトマトの行き来ををする中でナポリの船員であったコックが開発したのが始まりとされます。
品種改良はそれほどでなかったのでトマトは観賞用以上に、当時は強い酸味があって保存にきくとされていました。
また、ソースの中にシーフードを入れていないので、とても重要な保存食だったわけです。
もう一つの説としては、ナポリの船乗りの妻が作ったという説です。
船乗りの妻である彼女たちが、帰ってきた夫の為にねぎらいの意味を込めて準備したもので、どちらにせよ保存性が効く事と船乗りに関係したソースという事はよくわかるのではないのでしょうか。

パスタやピザを楽しもう

そんなマリナーラソースですが、基本的にはピザで食べるのが普通です。
大きなピザの生地にマリナーラソースを塗りたくります。
オレガノとガーリックをパラパラといれて、そして焼き上げるだけでOKです。
それをビールで飲めば最高のピザパーティーになるでしょう。
勿論スパゲティーの存在も忘れてはいけません。
フライパンにバターを塗ってパスタとマリナーラソースを合わせて食べれば実に至高の時を過ごせますし、他にはチーズやフライドポテトと一緒に付けるソースにだってなります。
色々な食べ方がありますが、他のトマトソースとの違いを是非一度味わっていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です